合格への道

合格への道を作れば、
難しい試験にでも合格できる!



あなたは、何のために勉強していますか?



成績を上げたい!

英語がしゃべれるようになりたい!

将来のため!


などあると思いますが、多くの一生懸命
勉強している人は受験に合格するため
勉強しているのではないでしょうか?



これまで他のサイトで効率よく勉強する方法、
集中力を高める方法などをお伝えしてきました。


勉強のやり方を学んだり、
集中力など能力を高めることで
効率よく勉強できるようになります。


そのサイトの読者の方からも
ク ラスで1番の成績を取れるようになった!
という感想をいただくことがあります。


私は、受験勉強や学校で学ぶ知識よりも
知識を学ぶ過程で身につけるス キルの方が
大事だと思っています。


知識は忘れてしまうかもしれませんが、
身につけたスキルというのは
簡単に忘れるものではありません。


例え、目指していた試験に合格できなかった
としても受験で身につけた勉強のスキルは
一 生あなたを助けてくれると思います。



しかし、実際には身につけたスキル以上に
合格するということに大きな意 味がある
のかもしれません。


学歴や資格

合格できたという自信

試験に合格してから学ぶこと



あなたが今受験のために勉強している
のであれば、絶対に合格する必 要があります。



弁護士などの難しい資格になると
数年間という時間を 試験の勉強だけに費やし
ている人もいると聞きます。


例え数年かかったとしても試験に合格し
資格を取得することができればいいと思いますが、


合 格できなければ時間のムダです。


弁護士になるためには5年以上は
試験のための勉強が必要だと言われています。


長い期間をかけても合格することができれば
世間的にも尊敬される収入の高い仕事に
つくことができます。


しかし、合格することができなければ
世間から見れば数年間仕事をしていない
た だのニートです。


弁護士になることを勧めているわけではありませんが、
どんな試験でも合 格するのとしないのでは
人 生に大きな差があると思います。


受験のために一生懸命勉強するのであれば
絶対に合格する!ということを心に決めてください。


目標を合格するということ1つ に絞る
勉強の内容も変わってくるはずです。


これまで、記憶術や速読術など特殊なスキルを
使った勉強法などもお伝えしてきましたが、
合格するために勉強するのであれば
難しい特殊な勉強法は必要ありません。



合 格への道を作り、
ス ケジュール通りにカリキュラムをこなすだけで
難 しい試験にでも合格することはできます。



受験対策.comでは、合格への道の作り方など
試験に合格するために必要なことについて
くわしくご案内していきます。


次のページでは、受験に失敗する人の共通点について
お伝えします。

勉強法メール教室

勉強法メール教室




▲このページの先頭へ


シルク・ドゥ・ソレイユ